フリーターとしていつまで生きていけるのか

投稿者:

皆さんはフリーターに対してどんなイメージだろうか。「将来どうするの?」「正社員になろうとは思わないの?」「今のことしか考えていないでしょ?」などの言葉が飛んできそう…。私自身フリーターとして生きているけど一応目的があってのフリーターではある。ただ確かに不安がないかと聞かれれば不安はある。では一般的にはフリーターとして一生生きていくことは可能なのか!?ちょっと調べてみたこともふまえて書いていこうと思う。

まずフリーターのイメージでもある貧乏。これはなぜそういうイメージになるのか。バイトによっては時給も1,500円以上のこともある。普通にフルで働いていれば大卒初任給以上もらえる場合ももちろんあるだろう。ただここで忘れてはいけないのが「福利厚生」「昇給」「ボーナス」という制度。これでかなりの差が出てくる。

ある程度恵まれている日本では仕事を選ばなければ「食べるお金が無くて餓死する」ということはほとんどない。フリーターといってもずっと同じ職場で働いていればその中でもバイトリーダー的な存在となり、居心地も良くなってくる。大きな責任を負わされることなく、ちやほやされて…そのぬるま湯から抜け出せないという人を何人も見てきた。

また20代であればまだ体力もある、たくさん遊びたいなどの理由もあってダラダラフリーターとして働く人もいる。そのまま30代40代になり、もう正社員なんて諦めると言いながら築40年のアパートにずっとひとりで住んでいる人も見てきた。

もちろん他人の人生に色々と口を出すつもりはない。ただずっとそんな生活をしていて満足のわけがない(と勝手に思ってしまう…)。でも人には色々と事情があるのももちろんわかる、私もそのひとりだ。ではどうしたら一生フリーターとして生き、また満足いく人生を送ることが出来るのか。

フリーターの悩みはやはり「将来性の無さ」「不安定」といったところだと思う。現在の収入が一生続けば何とか生きてはいけるけどいつまでも出来るものではないとなると、またバイト先を探さなければならない。もちろん退職金なんてないから普通に考えて正社員として働いている人よりも貯金をしておかなければならない。近年では年金を払っていないなんて人も珍しくないとなると「フリーター+年金未納」なんて人はハッキリ言ってかなりマズいと思った方がいいとなる。

もしフリーターとして一生やっていくつもりでいるのであればすぐにでも収入を増やして貯金を今以上のペースで増やす必要があるだろう。そのためにも副業でもなんでもやってまずはバイト以外の収入源を増やすことをお勧めする。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です