【必要?不要?】フリーターが入るべき民間の保険

投稿者:

フリーターとして生きていると病気になったらどうしよう…」とか不安になったりする。だってもし入院とかになったら「入院費」はもちろん、その期間働けないとなればもちろん収入は減ってしまう。そこそこの貯金があるのであれば耐えられるかもしれないが、全てのフリーターにその余裕があるとは到底思えない。私も含めてだが…。

私も今、色々な保険について調べて見ているのだが別に子供がいるわけではないし何かを残さなければいけないわけでもない。となるととりあえず自分が怪我だったり病気になった場合の費用を賄えればいいということになる。もちろん保険料の高い保険に入った方が補償額も高い。しかしフリーターにそんなのは不可能である。そこで私が気になった、というよりもすでにほぼ入ろうと思っている保険がある。ご存知国民共済である。

家に資料が送られてくることもあるから名前くらいは聞いたことがあると思う。一言に国民共済といっても色々なコース(タイプ)がある。自分にどんな保障が必要なのかで変わってくる。その辺は他の民間の保険と変わらない。

ただ国民共済にもメリットとデメリットがある

まずメリットは掛け金が年齢や性別に関係なく一律ということ。普通の保険であれば年齢が上がれば上がるほど掛け金が高くなる。その点で一律というのは、すでに30歳を超えている場合などでも気軽に入りやすい。また医師の診断も必要がないこともあり何かの病歴があっても加入しやすいらしい。私は大きな病気をしたことがないから関係ないんだけどね。

逆にデメリットももちろんある。掛け金が安い分、もちろん補償額が少ない。こればかりは仕方がない。また比べる保険にもよるが、まだ若い人にとっては場合によっては掛け金が割高になる時がある。掛け金に関しては自分が候補にしている保険と比べてみる必要がある。また調べてみると60歳を過ぎると保証額が減るという。これもデメリットになるかと思う。

国民共済を勧めておいて結構デメリットがあるな…と思った人もいると思うが、どんな保険であってもメリットとデメリットは存在する。保険屋の友人曰く保険選びは自分が何を保障してほしいかをまず明確にすることが大切とのこと。自分に合ったものであればメリットの方が大きくなるということだろう。

私は掛け金の安さ、保険内容の分かりやすさから国民共済に入ってみようと思う。これを読んでくれた人はこれを機会に保険について色々と調べてみて欲しいと思う。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です