【海外】ワーキングホリデーはありかなしか

投稿者:

友人が先日オーストラリアにワーホリに出発した。ほとんどの人が知っているであろうワーキングホリデー。私のように自分の友人がワーホリで海外に行ったという人も少なくないはず。

その私の友達は「語学留学」と言っていたが厳密には「協定国間で青少年同士の交流を促す」というものらしい。まぁ現実的には様々な目的で行く人が多いイメージだが。私も語学には興味もあり出来ることなら英語だけでも話せるように、また理解できるようになりたいと思っている。ちょっとその友人が羨ましく思ったのでブログに書いている。

ただ色々と調べてみると様々な意見が飛び交っている。「ワーホリ行くなら目的なく行け!」「ワーホリ行っても帰ってきたらフリーター」「語学すら上達しなかった」などなど。意見がバラバラ過ぎて何を信じていいのかわからない。昔に違う友人が同じようにオーストラリアに行った。その友人は普通に英語を話せるようになって帰ってきて、現地で知り合った人と結婚をして今ではオーストラリア在住。ワーホリには色々なパターンがあるんだと実感した。

もちろんワーホリで行けるのはオーストラリアだけじゃない。

詳しくはここに書いてた⇒https://www.jawhm.or.jp/blog/tokyoblog/%E6%B8%A1%E8%88%AA%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99/2230/

カナダったりイギリスだったりフランスだったり…個人的にはカナダがいいなぁなんて思う。

さっき出てきたオーストラリアで結婚までしちゃった友達が言っていたことを紹介しようと思う。その子も以前にワーホリはその人次第だし、滞在する場所によっても過ごし方が変わってくるという。周りに日本人がたくさんいるような都会ではなく、ファームなどしかない田舎町に滞在することをお勧めしていた。結局人間は居心地がいい環境があればそちらに行ってしまうから、日本人がいなくて、嫌でも現地の言葉でコミュニケーションをとらなければならない環境に身を置けということだ。たしかに納得の話である。

私は一応劇団で夢を追いかけている身であるから今すぐワーホリに行こうとは思わないけど、もし行きたいと考えているのであれば早めに調べるなどの行動を起こすことをお勧めする。というのも年齢制限とし「31歳になるまでにビザを申請しなければならない」という決まりがある。もし考えているのであれば年齢制限は頭に入れておこう!

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です