同窓会に呼ばれても行きたくない

投稿者:

以前中学生の時からの友人に2年ぶりくらいに会った。SNSでは繋がっていたものの、中々会う機会がなく、色々と話を聞きたくて私から連絡をした。その時に同窓会の話になった。その話をちょっと書こうと思う。

そもそも私達2人は「同窓会に行きたくない組」だ。決して中学生の友達に会いたくないわけではない。私の場合は「夢半ばの今の状態」に対して自信を持ってみんなに会えないという理由である。恥ずかしいとはちょっと違うが…すでに家庭を持つなり、夢を叶えている友人に対しての僻みなのかもしれない。とにかく今はあまり会いたくないというのが本音である。

一方その友人は現在派遣社員として勤めている。大学は誰もが知っている一流大学を卒業。最初はどこかの研究員として努めるなどまさにエリート街道まっしぐらの女性であった。しかしある時、忙しすぎて体調を崩して研究所を退職。そこからは身体のためにも比較的規則的な生活ができる派遣社員という働き方を選んだのだ。体調を崩したという理由での転職であってもやはり本人は引け目を感じるのだろう。ただ私個人から言わせてもらば、その友人は中学の同じクラスにいた元カレに会いたくないだけではないのかと思っている。かなり面倒くさい分かれ方をしているということも私は知っている。まぁそこを詰めたところで良いことがないので言ってはいないが…。

その友人と話してから他の人は同窓会に対してどんな風に思っているのかをネットで調べてみた。やはり私達のような僻み」「元恋人」が原因で行きたくないという意見は多かったが「面倒くさい」「学生時代の辛い思い出を思い出したくない」「お金がない」という理由もあった。辛い思い出というのは仕方ない気がするが、「面倒くさい」ってどれだけ面倒くさがりなんだよと。まぁ同窓会に行くことよりも行った後にまた連絡を取り合うこととかがというのであれば分かる気もするが。一番意味が分からないのはお金がないという理由。そんな何万円も使うわけじゃないんだし…。多分そういう人は友人の結婚式のお祝儀も「勿体無い」なんて思う残念な人なんだろうなと思う。

と、偉そうなことを言っているが私も同窓会には行きたくない派なのでなんとも言えないが。ただ同窓会がきっかけで新しい仕事が見つかったり、将来の夫や妻が見つかったりという話は珍しくない。私も早く舞台人として胸を張って同窓会に行けるように頑張ろうと思った。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です