【正社員】就活に役立つバイトが存在する!?

投稿者:

私はフリーターとしてバイトをやっていることもあり特別正社員を目指しているわけではないが、以前の記事にも登場したある企業にいる人事部の友人が「就活に役立つ可能性があるバイトは存在する」という話を聞いたのでちょっと紹介したいと思う

ただ今回書く内容は全ての企業に当てはまるわけではないし、あくまでも可能性の話であるのは予めご了承頂きたい。

まず当たり前のように聞こえるかもしれないが正社員として就職したい企業でバイトをするという方法。ここでひとつポイントとなるのが正社員として就職したい業界でバイトをする」との違いになる。いくら業界が一緒というのだけでは場合によっては「中途半端な知識やスキルが教育の邪魔になる」と考える人事もいるという。すでに正社員として入社したい会社が決まっていてバイト枠があるのであればそこでバイトをする以外の選択肢はないとまでその友人は言っていた。逆にもしその目的の会社でバイトの募集を行なっていないのであれば同じ業界でのバイトは避けた方がいいかもしれないという話である。

またその友人の企業に限った話ではあるがある大手の外資系アパレルショップでのバイト出身者は積極的に取っているという話があった。そのアパレルブランドの名前はここでは出さないでおく。このように企業によってはアルバイトであっても特定の企業やブランドでのアルバイトは採用に大きくプラスになることがあるという。もちろんどこの企業がどこの企業のアルバイトを信用しているという情報はあまり出回ることはないからこの話はここまでにしておく。

またアルバイトの経験を少しでも就職活動、転職活動に活かしたいというのであれば目的を持ってアルバイトを選ぶことが重要だという。もし面接などでアルバイトの話になった場合に「○○のスキルを学びたくて○○でのアルバイトを○年続けてきました」という話のネタにはなる。そこから何を学び、どのような課題が見つかったくらいまで話せれば、そのアルバイトは少しはプラスに持っていける可能性もあるとその友人は言っていた。

また企業がインターン生を受け入れているという場合は積極的に参加することもひとつの方法だという。例えばソフトバンク。時給を貰いながら一定期間職業体験をする。優秀だった人がもし入社を希望した場合、選考回数が少なくなるなどの優遇があるという。もしソフトバンクに入社をしたいとなれば是非利用したい制度である。

このようにアルバイトが正社員としての入社にプラスになる場合は少ないかもしれないがゼロではないのが分かる。自分がどのような未来を描いているのか、そこに向けてどのような方法をとればいいのかをイメージすることができれば、アルバイト期間も有効に使うことができるという話でした。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です