フリーターは有給の条件が厳しい。正社員を目指すべき?

投稿者:

フリーターとして働いたことがある方であれば分かるはず。有給が取りづらい」ということ「取りづらい?むしろフリーターなのに有給が取れるの?」と思った方もいるかもしれない。意外と知られていないかもしれないがフリーターでもある条件を満たしていれば有給をもらうことができる。ただ条件がそこそこ難しい。ちなみに私はその条件を満たしていない。

そのフリーターが有給を取るための条件は6ヵ月間継続勤務した上で、全労働日の8割以上出勤していることというもの。フリーターとしてバリバリ働いている人であれば有給を取れる計算ではあるが有給を使うか使わないかは自分次第で、まず有給を取れることを知らない人が多いという話もある。仮に知っていたとしても言いづらいなんて書き込みをよく見るが、フリーターとしての当然の権利なのだからそれは有効に使うべきだと個人的には思う。

そもそも言いづらい環境って何?私ならまず「社員と仲良くなる」か、それが無理なら「本社に直接有給を求める」くらいのことをすると思う。あとはもし現在のバイトをずっと続けていくのであれば無理な話ではあるが、もし定期的にバイトを変えているという人であれば「退職する直前に申告をする」という手もあると思う。どうせ辞めるのだから気まずくなろうが嫌われようがもう関係ないのだから。やり方はちょっと卑怯な感じもするが正社員でもそのくらいはやる人が多いから全然気にする必要はないはず。

また正社員に比べて有給の日数が少ないという特徴も。有給だけのことを考えれば間違いなく正社員の方が優遇されている…当たり前か。

となるとやはり正社員になるべきなのか!?という風に思ったりもする。私が劇団員として一花咲かせようという夢がなければ正社員を目指していたかもしれない。将来への不安も今よりはなくなるだろう。

ただ現状の「バイト」+「副業」の生活に今は不満がない。有給は貰えるならもちろん嬉しいが現実的に難しい。私がやっている居酒屋バイトは確かにしんどいときがあるが副業なんて体力も使わないから働いているという感覚もないから有給みたいなもんだし。

もしフリーターとして現在頑張っていて有給が欲しいのであれば先程書いたように申告をするべきだし、もし申告が出来ない、しづらいというのであればバイトとして働いている日を何日か副業や内職に切り替えるという方法も選択肢のひとつとして頭に入れておいてもいいのかもしれない。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です