フリーター、治験ボランティアを本気で考える

投稿者:

副業や副収入に興味がある人であれば一度は聞いたことがあるであろう治験という言葉。知らない方のために簡単に治験とは何かを書いてみようと思う。

治験とは新しい薬や医療機器を販売するためのデータを目的とする臨床試験。といっても薬が出来ていきなり人間で試そう!なんてことではなく、人間で行う試験の前に細胞レベル、動物等で何回もテストをしてからということで基本的にはヤバいことにはならないというのが一般的な認識。ただ健康被害に関してはもちろんゼロではない。もちろんその健康被害がもし起きてしまった場合は通院費などの保障はある、当たり前だが。

やはり健康な身体さえあればできるというのは魅力を感じてしまう。ただ色々と調べてみると「特定疾患」専用の治験もあるとか。その場合は健康な人の治験よりも高額な謝礼金が支払われるという。それはそうか、健康な人よりもその時求められる疾患の人を探す方が難しいもんね。

色々と調べてみた。一言に治験といっても病気を治す薬のための薬の治験から、美容、コスメ、健康食品とライトな感じのものまで色々とある。また治験の方法も通院、入院、薬等の郵送など様々

気になる謝礼金も一言では書ききれない。治験の種類が多い分、金額も様々。ただ平均して「通院1日あたり1万円」「入院一日あたり2万円といったところか。個人的に驚いたというか魅力的だなと思ったのはこの治験というもの、「仕事」ではなくあくまでも「ボランティア」というジャンルになるため税金の対象外となる。つまり税金を取られることなく全額もらえるというもの。これは素晴らしい!もちろん治験を行う病院等に向かうための交通費も全額支給される。

では実際に治験を行うまでの流れをざっくり書いてみようと思う。

  1. 治験紹介サイトへの登録
  2. 治験にエントリ
  3. 電話で応募基準等の確認
  4. 予約完了メールが届く
  5. 医療機関へ行く
  6. 参加不可の最終確認
  7. 治験開始

こんな感じ。正直色々と面倒な感じもしないではないが実際に人間に使われる薬等を試すのだから意味があるものでなくてはならない。そう思えばこのくらい普通なのかもしれない。

色々と書いたがつまりは治験紹介サイトへの登録が全ての始まり。そこから色々自分に出来そうな治験を探してエントリーをする。仮に自分に疾患があったとしても諦めることはなく、条件さえあえば高い謝礼金が支払われることが多い

もし治験に興味がある方はあくまでも「ボランティア」「社会貢献」という大前提の元、参加してみてはいかがだろうか。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です