副業の収入だけで生活することを考える

投稿者:

私は副業を始めて、実際にある程度の金額を稼げるようになってからこれはアルバイトの時間を全部副業でもいいのでは…と考える回数が明らかに増えた。実際に副業を時給換算してみるとバイトよりも稼げてしまっている時もある。実際にネットで色々と調べてみると副業だけで生活をする人が思ったよりも多かった印象がある。ただそれって…もう副業じゃないじゃんと突っ込みたくもある。

今やっている副業は基本的にチャットレディがメインとなっているが、この副業だけで一生というのはちょっと考えづらい。60歳のおばあちゃんになった私とチャットをしたいという人はおそらくいないだろう。以前も書いたがポイントサイトもメインでやる副業ではなく、あくまでもサブ的な副業である。治験も興味はあるが、いつまでもできるものではない…。こうなってくると仮に歳をとってもできる副業というのを考える必要がある。

歳をとってもできるというのは要するに「身体を酷使しない」「仕事が無くならない」ということになる。ずっとできる、未来もある副業といえばネットショップになるような気がする。ネットショップとなると若干副業というよりもビジネスという印象だが、最初は小さい規模で副業として、うまくいくようであれば個人事業主、さらに売上が上がるようであれば会社にとステップを踏むことができる。ではネットショップを始めるには何を用意すればいいのか。

もしネットショップを始めるとすればまずは「売る物」。当たり前過ぎることかもしれないがこれがなければ何も始まらない。もっと言えば「売れる物」。消費者が買いたい、欲しいと思うものでなければどんなに素晴らしいシステム、広告を打ったとしても全く意味を成さない。システムというワードが出たので…次は「通販システム」。分かりやすく言えば「WEB上の店舗」と考えて頂ければいいと思う。一度でも通販を利用したことがある人であれば「カート」という言葉を聞いたことがあると思う。商品が並んでいて欲しい商品をクリック。カートに入っている商品の購入を確定する。住所や支払い方法を選ぶ。などなど、これは全てシステムで管理される。こうなってくると難しく思えてくるが、最近では何も知識がない人でも始められるシステムがすぐに見つかる。デザインなどに凝らないのであれば即開始できる。デザインもオリジナルでなくていいのであればテンプレートが山ほど用意されている。ただ実はこのシステムが毎月のコストとなる。値段もそれぞれで機能が多いプランであればあるほど高くなるのはもちろんだが、最初は一番安いので十分。売れてきたらプランをあげていく、そんなやり方で問題はない。

もしそのコストすらも払いたくないというのであれば最近では「メルカリ」などのフリマアプリもある。最初はフリマアプリやオークションサイトで始めても問題はない。そこで通販のノウハウを学び、徐々に拡大していくという人も多いと聞く。

ネット通販の話だけで結構長々と書いてしまったので今回はここまで。

次回はアフィリエイトについて書いていこうと思う。

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です