書類選考を通過しやすい履歴書の書き方

投稿者:

以前、私がバイトをクビになった話を記事として書いたことを覚えているだろうか。私の場合はバイトということもありすんなり受かってしまったが正社員を目指す場合だったり、バイトでも競争率が高いバイトの場合はそうもいかない。まず書類選考があり何回も面接がある企業も少なくない。そこで先日、ある大手企業の人事をやっている友達と履歴書について色々とためになる話を聞けたので書いてみることにする。ちなみに昔は履歴書だけという企業も多かったが近年では履歴書と職務経歴書」がセットになる場合も多い。まずは履歴書についてから。

まず履歴書は何のためにあるのかを考える必要があるという。基本的に組織が人員を募集した後に「ふるいにかける」作業が書類審査だったり面接だ。書類審査とは分かりやすくいえば「面接をするまでもない人材」ということになる。ただ最近は先程も書いたように職務経歴書とセットの場合が多いのでその場合は履歴書で注意する点はそこまでないという。

ここでひとつの疑問が生じる。手書きかパソコンか」ということ。その人事の友達曰く企業や業種によってといっていた。先方から指定がある場合はその指示に従う。外資やIT系企業の場合は指定がなくてもパソコンでOKとのこと。手書きとパソコンはそれぞれメリット・デメリットがあり、手書きの場合は「意欲、人間性がわかる」パソコンの場合は「読みやすい、作成時間の短縮」などがメリット。デメリットはその逆といったところ。もし迷ったら手書きの方がいいとは言っていた。

次に職務経歴書について。むしろ企業が欲しい情報はこの職務経歴書だといっても過言ではない。まず枚数について。これは少なすぎても多すぎてもダメだという。理想は2枚~3枚。要するに書くことがないような人材ではもちろん魅力はないし、全くまとめられていなくてもだめ。その企業にとって魅力となる経歴については詳しく、全く違う業種については短くといった感じ。

また職務経歴書はどうしてもゴチャゴチャ成りがちで、人事担当者がひとりの職務経歴書を読む時間は比較的短いため分かりやすさが求められるという。

見逃しがちなミスをひとつ紹介する。それは提出日の未記入。これは以外と少なくないらしく、場合によっては使い回しと思われ印象が悪くなることもあるという。また人事担当が「内容不足」と感じる項目についても言っていた。それは「退職理由」が書かれていないということ。自己アピールが重要なのは間違いないのだが、同じような理由で辞めたりしないかなど、企業は気になる所であるという。

簡単にではあるが人事担当者からの話を思い出しながら色々と書いてきたが、最後に一番重要といってもいいポイントの話があったので書き残しておく。企業が求めている人柄、スキルを把握した上でアピールするということ。どんなに丁寧に、見やすく書いても企業が求めていない内容であれば全く意味を成さない。

「見やすく」「分かりやすく」「丁寧に」「企業が求めている内容をアピール」といった感じで履歴書、職務経歴書をかいてみよう!

すぐに始められる超簡単副業
【貧乏脱出】フリーター生活を支えるおすすめ副業3選

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です